βグルカンとは 弊社の商品 原料供給 会社案内 お問い合わせ よくある質問
このページのもくじ

よくある質問

文字のサイズを変更する
large
medium
default



βグルカンの徹底比較


よくある質問

ベータ1.3Dグルカンの原料は何ですか?
ベータキング®のベータ1.3Dグルカンは、パン酵母の細胞壁を原料としています。

ベータ1.3Dグルカンによる副作用などはありますか?
  ベータキング®のベータ1.3Dグルカンは、パン酵母の細胞壁から抽出された自然の物質です。また、高純度91.1%に精製(不純物を除去)されているので、副作用の心配はありません。

ベータ1.3Dグルカンによるアレルギーなどはありますか?
  ベータキング®の主原料は、限りなく不純物を除去された純粋なパン酵母ベータ1.3Dグルカンなのでアレルギーなど心配は特にありません。また、ベータキング®にも添加物、増量剤などは一切含まれていません。ただし、タンパク質などの不純物を十分に除去できていない製品では、時間が経つことによりアレルギーを引き起こす場合があるので注意が必要です。

キノコ類としてはアガリクスが有名ですが、アガリクスのβグルカンとはどのような違いがあるのですか?
  アガリクスの有用成分であるβグルカンは約10数%程度しか含有していません。また、一部のアガリクスでは、βグルカン以外の成分による健康被害も懸念されています。これに対して、ベータキング®は天然パン酵母(イースト菌)の細胞壁から不純物を独自の酵素法により限りなく取り除き、安全な有用成分であるベータ1.3Dグルカンのみを91.1%の純度で抽出した機能性食品です。

超微粒子(マイクロファイバー)構造のβグルカンとは?
  マイクロファイバー構造のβグルカンとは、画期的な製法により超微粒子でβ1.3Dグルカン(β1.3/1.6Dグルカン)結合構造を損なうことなく、抽出精製されたベータ1.3Dグルカンです。最新の研究では、β1.3Dグルカンは、構造上の特徴から別名ベータ1・3主鎖1・6分岐型グルカン(最も有用性の高い構造)とも呼ばれ、この分岐した側鎖をもつ立体構造(マイクロファイバー)であることが、βグルカンの高い有用性につながることが分っています。

パン酵母βグルカンには、化学薬品をつかって抽出した製品があると聞きましたが本当ですか?
  一部の製品では、パン酵母(イースト菌)を化学薬品などをつかって洗浄することにより、不純物を取り除き有用成分であるβ1.3Dグルカン(β1.3/1.6Dグルカン)を抽出しています。エルソンの製品では、安全・安心かつ素材にやさしいをモットーに有用成分の構造をできるだけ壊さない(機能性の維持)ため、低温かつ長時間をかけてゆっくりと天然の酵素法により抽出(特許出願中)しています。

パン酵母βグルカンは、高純度であればどれを選んでもよいのですか?
  高純度である場合、第三者の分析機関から純度分析を行っていることが重要です。β1.3Dグルカンの場合、日本の分析センターや生産者の分析では、高精度な純度分析を行うことはとても困難です。エルソンの製品では、β1.3Dグルカン(β1.3/1.6Dグルカン)のために、別途ドイツMQD食品分析センターに分析依頼をしたうえで、純度の数値を公表しています。

超微粒子(マイクロファイバー)構造のβグルカンは他のβグルカンよりも価格が高いのでは?
 

従来のパン酵母由来の超微粒子タイプのβグルカンに比べ、きわめて安全な天然酵素抽出により高品質(世界トップクラスの高純度)、かつ大幅な低価格を実現しています。また、一部の製品にあるような不純物(タンパク質等)も独自の製法により限りなく取り除いています。

ベータキング(BETA KING)®は愛犬や愛猫等のペットにも利用できますか?
  ベータキング®は健康維持のための食品ですので、ペットにも利用できます。

ベータキング(BETA KING)®の1日当たりの目安と摂取の時間は?
 

ベータキング®は医薬品ではありませんので、摂取量が決まっているわけではありません。目安としては2〜4個をご都合のよい時間に摂られることをおすすめします。

 
         
  βグルカンとは    弊社の商品    原料供給    会社案内    お問い合わせ    よくある質問