βグルカンとは 弊社の商品 原料供給 会社案内 お問い合わせ よくある質問
     
 


キノコ類を遥かに凌ぐ話題のベータ1・3Dグルカン

large
medium
default

アガリクスや多くのキノコ類などの有用成分で知られるβグルカン(ベータグルカン)には、主にβ−(1・3)、β−(1・6)、β−(1・4)グルカンなどの成分があり、その中でも、ベータ1・3Dグルカンという成分が、健康維持にとても重要な役割を果たすことが分かっています。 βグルカンの構造

ひと口にβグルカン(ベータグルカン)と言っても、すべてのβグルカンが健康に重要な関わりをもつわけではありません。例えば、β−(1・4)グルカンはセルロースという成分で、これは紙の主成分です。たとえβグルカンが多くても紙と同じ成分ばかりでは意味がないのです。キノコ類の場合、このセルロースが多いことでも知られています。また、キノコ類にもベータ1・3Dグルカンが含まれていますが、高純度に抽出することが大変困難であるため、世界的に見ると研究報告例がほとんどないのが現状です。これに対して、パン酵母から抽出した高純度のベータ1・3Dグルカンは、ハーバード大学やマサチューセッツ大学などをはじめとする世界の研究機関により、2000件以上に及ぶ安全性・有用性についての研究論文が報告されています(世界最大医療文献データベースNCBIによる)。

つまり、これからはいかに『純粋な高純度ベータ1・3Dグルカン』を効率よく摂取するかが重要なってくるのです。ベータ1・3Dグルカンは、構造上の特徴から別名ベータ1・3主鎖1・6分岐型グルカン(最も有用性の高い構造)とも呼ばれ、分岐した側鎖をもつ立体構造であることが、βグルカンの高い有用性につながることが近年の研究でも分ってきています。

1粒でアガリクス約100本分に匹敵。高純度βグルカン91.1%のチカラ!

アガリクスとパン酵母βグルカンの比較一般に「健康に良い」と信じられてきたアガリクスでは、βグルカン総量で10%程度、煎じ液でもβグルカンは0.3%程度しか得ることができません。また、子実体のものでは、汚染土壌による残留農薬や重金属などによる健康障害の可能性も懸念されています。それに加え、同じβグルカンでも、アガリクスはβ−(1・6)という成分が殆どの割合を占め、健康に重要な役割を果たすベータ1・3Dグルカンは、更にごく僅かしか摂取できないのが現実です。

一般的なアガリクスと含有量で比較するのであれば、『ベータキング™』の1粒は、アガリクス約100本分にも相当する煎じ液のβグルカン(※)を含有していることになります。さらに、純度で換算するのであれば、『ベータキング™』は世界最高クラス純度91.1%のβグルカン(※)なので、アガリクス煎じ液の約300倍にも相当する極めて高い純度であることが分ります。つまり、高純度・高品質に抽出されたパン酵母βグルカンはアガリクスをはじめとするキノコ類をも遥かに凌ぐチカラをもっているのです。


※ただし、品質保証で返品に応じるパン酵母βグルカンの純度は85%未満とする。

超微粒子が可能にしたベータキングの優れた吸収性!

パン酵母βグルカンの電子顕微鏡写真アガリクスをはじめとするキノコ類を煎じないでそのまま、食べてたとしても、残念ながらキノコ類におけるβグルカンは、パン酵母から抽出されたβグルカンに比べて、そのままでは粒子がとても大きいため、その殆どが腸で吸収されずに単なる食物繊維として排出されてしまいます。また、よく見かける腸で吸収しやすい粉砕アガリクスなどや低分子アガリクスをはじめとするキノコ類の粉砕タイプの加工品は、たとえ腸での吸収性が向上しても、βグルカンの粒子を小さくする過程で、βグルカンの構造体を破壊(切断)しながら小さくしているため、有用性を減衰させてしまっている可能性があるのです。

エルソンの『ベータキング™』では、独自の抽出方法によりパン酵母が本来もつ形をほぼ完全に維持したまま、数ミクロンサイズの超微粒子でβグルカンを抽出しているため、体内での吸収(※)がとても優れているのが特徴です。さらに、きわめて有用とされるベータ1,3/1,6Dグルカンにおいても、健康に重要な役割を果たす結合が切断されてしまわないように、球状の立体構造を維持したままに超微粒子化されているので従来製品より一段と有用性を高めることが可能となりました。(特許出願済)


※腸管のパイエル板から取り込まれること。

完全無添加だからベータグルカンが1400mgも含有!

カプセル内容量の比較サプリメントを選ぶ上で、とても重要なことは自らが目的とする有用成分がどれだけの量はいっているかということです。しかしながら、他社のパン酵母βグルカン(ベータグルカン)製品の中には、実際は有用成分が数ミリグラム程度しか入っていないものも存在します。

エルソンのβグルカン(ベータグルカン)では、注目の有用成分である純粋で高純度のベータ1・3Dグルカンを、日本の成人が最も飲みやすいサイズである350mgのカプセルに100%充填しています。(添加剤、保存料及び増量剤を一切使用していません)。

パン酵母由来ベータグルカンにおける摂取の目安として、パン酵母由来のベータ1・3Dグルカン85%以上の場合、1日に500ミリグラム〜1,500ミリグラム程度の摂取がよいとされ、当社製品では手軽に4カプセルで1400mgもの有用成分であるベータ1・3Dグルカンを摂ることが可能となりました。

食の「安全・安心」を考えたベータキングのこだわり抽出法!

パン酵母ベータグルカンにおける不純物の比較エルソンでは、パン酵母の抽出(食品の製造)に不適切だと思われる化学薬品などを使用した抽出は「安全面への不安」が残るため一切使用していません。また、高熱で煮詰めたり、化学薬品等による抽出を行った場合、有用成分が変性(機能性の減衰)してしまう可能性があります。

エルソンの製品では、従来製品で一般的であった化学薬品等による抽出を一切使わず、安全・安心かつ素材にやさしいをモットーに、有用成分の構造をできるだけ壊さない(機能性の維持)ように、低温かつ長時間をかけて天然の分解酵素により高純度
抽出(特許出願済)することに成功しています。

グラフは、当社と他社のパン酵母βグルカンに含まれる(ベージュ:タンパク質、みどり:脂質)の1g当たりの量です。B社とエルソンでは当社が大幅に不純物であるタンパク質を大幅に低減しているのが分ります。なお、タンパク質等は多ければ多いほど、βグルカンの有用性を鈍らせるだけでなく、変質した際にはアレルギーなどのリスクが高まります。エルソンの製品では、不純物(タンパク質等)を限りなく取り除いているので、副作用の心配もなく安心して毎日の健康維持にお役立て頂くことができます。

厚労省GMP完全準拠。世界規格ISO9001認証工場で生産!

GMP完全準拠の工場内エルソンの『ベータキング™』は、ドイツの国際規格ISO9002認証工場で生産された高純度パン酵母由来βグルカン原料をもとに日本国内の厚生労働省の製造管理および品質管理規則(GMP:Good Manufacturing Practice)の認可を取得した国際規格ISO9001認証工場で、徹底した品質管理や多段階の製品検査のもと、安全で高品質な製品を生産しています。

パン酵母由来の有用成分であるβグルカンの安全性についても、アメリカ食品医薬局(FDA)が安全な食品成分として認可しています。 エルソンでは、さらなる品質を追求するためヨーロッパで高精度な純度分析が可能な「ドイツMQD食品分析センター」という第三者の中立検査機関から分析証明書を得ています。


 
     
  βグルカンとは    弊社の商品    原料供給    会社案内    お問い合わせ    よくある質問